本田洋行の現場の声をご紹介しております

先輩エピソード

開発本部 今井 裕也

これが私の仕事

 ペット用や人用のケア用品の商品開発を行っています。具体的には弊社で製造している現在は不織布を用いて体をふいたり、歯を磨いたりする製品があります、そのような製品の企画開発を行っています。業務内容としては、消費者のニーズからどのようなメリットのある製品があれば良いのかを考える製品企画、企画から出てきたアイデアを実際の製品にするために素材である不織布、そこに染み込ませる薬液などをどのようなものにすれば良いのかを考えて、実際の製品にした時に製品として良いかどうかを行う製品開発を行っています。

一番嬉しかったエピソード

これまでにない商品を生み出す楽しみも感じています
 私が現在行っている仕事のひとつの既存製品の改良について、現在の製品に対し時間が経ち消費者が求めることが変わってきたため、その改良を行うことで消費者のメリットになり、その時に会社の役に立つことができて嬉しいと感じます。また、現在新商品の開発を行っており、自分が関わった中では最初の新商品のため、これまでにない商品を生み出す楽しみも感じています。

この会社を選んだ理由

 私は理学部化学科の出身であり、そこで学んだことを活かせる仕事に就きたいと思い、商品開発ができる企業を選びました。本田洋行では、ウェットティッシュを手袋型にした特徴のある製品を商品化しています。これまでにない新しいモノを考える点で、興味がわき入社を決めました。また、面接で話した方からは、自分を必要としていると感じられこの会社に入り力になりたいと思ったからです。

先輩からの就職活動アドバイス

 会社を検討するときは、自分の考えているイメージと実際の業務とでズレがないか、その会社のことを調べ、働いている方へ聞く機会があればズレがないか質問をすればよいと思います。実際に働く段階で、自分の思っていたものと違うと負担になってしまうので、大切な事です。就職活動は人生で重大なイベントです。就職活動が終了したときに悔いのないように、満足のいく結果になるように行動して下さい。




生産本部ラミネート課 尾木 正輝

これが私の仕事

 私はホットメルトを使った様々な種類の素材のラミネートをしています。
オムツに使われるバックシートの貼り合せなど多くの種類の貼り合せがあり、
貼り合せた製品を種類に応じてスリット加工を行っています。

一番嬉しかったエピソード

多くの事を学ぶことができ、私にとって大きな自信に繋がりました。
 私が現場のリーダーとして任されるようになったことです。
現場作業はもちろんですが、お客様が来社した時に一緒に打合せに参加したり
試作を行う時に主になり作業するようになり、多くの事を学ぶことができ、
私にとって大きな自信に繋がりました。
これから先もこの事業部を大きく成長させる中心人物の1人になりたいと
思いました。

この会社を選んだ理由

 私は高等学校卒業後、この会社に就職しましたが、当初は右も左も分からない
状態で会社選びをしていました。そんな中で考えていたのが地元の製紙会社に就職したいと考えていました。求人のお知らせを見てHPを拝見した時多くの業種に力を入れている会社だなと思い面接を受けに来ました。当時、私に接してくれた方々はとても明るく、こんな会社に就職したいと思いました。
そして今でもこの本田洋行に就職してよかったと思っています。

先輩からの就職活動アドバイス

 私が今重視しているのが会社の経営状態はもちろんですが人間関係が良い会社に就職すれば良いと思います。面接を受けに行った時の社員さんの表情や雰囲気なども重視して見て行くと人間関係が良好な会社か見抜けると思いますので参考にしてみてください。



生産本部ラミネート課 尾木 勝裕

これが私の仕事

 主にラミネート加工、スリット加工のオペレーターをしています。ホットメルトという接着剤を使用し、多種多様な原反を貼り合せ、納品先の希望に応じてスリット加工をしています。

一番嬉しかったエピソード

 昇進でき、自分の名刺が出来たことです。年齢、年功は関係なく努力すれば評価してくれる。名刺を見る度、嬉しくもありますが気が引き締まる思いです。

この会社を選んだ理由

すごくアットホームな会社で働きやすい
 私が入社する当時、本田洋行は創業53年という実績もあり地元で長く続く会社で、自分の兄も本田洋行で働いており、すごくアットホームな会社で働きやすいとのことだったので選びました。

この会社を選んだ理由

 就職先を選ぶにあたり、その会社の経営状況、給料の額、休日の数など気になる所はたくさんありますが、一番に優先するのは人間関係だと思います。面接などに行った際はその会社で働いている人に着目してみてください。





商事部門 佐藤

これが私の仕事

 中国語が話せるため現状は中国側との折衝が主な仕事となっています。具体的には商事部門の主要事業である不織布の輸出入に携わっており、日々日本側のお客様と中国側の仕入れ先と連絡を取り合い納期管理・品質管理を行っております。
納期管理は、現行発注のある製品を納期通りにお客様の手元に届けれるように、時には現地に乗り込み交渉を行い生産予定を詰めたり、コンテナのスケジュールを調整して納期管理を行っております。品質管理は、やはり中国の会社とのやり取りなので、日本の品質要望にできるだけ近づけるべく定期訪問・監査・情報共有などを行い現地企業のレベルアップと品質維持に取り組んでおります。
また、最近では国内の営業先を持たせてもらい資材営業をさせてもらっています。

一番嬉しかったエピソード

 入社当時から度々足を運んだメーカーの担当者からやっと認めてもらったことです。中国市場は人間関係が物を言う部分もある為、何をやるにも人間関係が必要になります。自分が一生懸命メーカーに対して話をしていれば相手も徐々にわかってくれ認めてもらえると感じました。

この会社を選んだ理由

“中国語を活かせる会社”という事、“規模が大きくない会社”という2点で本田洋行を選びました。
 中国語を活かせる会社に関しては、語学は使わないとすぐに使えなくなってしまうため、前職までで身に着けたものをできるだけ失いたくなかったためです。規模が大きくない会社は、必然的に任される仕事の範囲が大きくなり、自分がそこから学べることが大きくなり引いては自身のレベルアップになると考えた為です。まだできてはいませんがゆくゆくは会社全体を見通しながら仕事ができるのでは?と考えた為です

先輩からの就職活動アドバイス

 人にアドバイスできる身分でもないですが、その時々で重視する事は変わってくるかと思います。何か自分自身の武器になる切り札になるものを増やせる就職・転職にできればいいのではと思います。

ページ上部へ